相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

遠い目標を持とう

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

学力を上げたいと思う人へ。

または、子どもの学力向上を願う保護者の皆さんへ。

学習するときの目標を、なるべく遠くに置いてください。

学習をする先の遠い目標を確実に持ってください。

近いところの目標は、割りに持ちやすいものです。

が、遠い目標はわりに忘れがちだったり、あいまいにされがちです。

今40点を取る生徒が居るとします。

この生徒が一生懸命勉強をし、結果、60点を取ったとします。

20点アップは素晴らしいです。

達成感を得られます。

でも、60点を目標としていたら、これで満足してしまいます。

この子は次の80点までの引き上げが難しくなります。

あるいは、一度60点を取ったことで学習が終了したような錯覚を得ます。

いわば、「満足」してしまう状態です。

 

ではもし100点を目標において居たらどうでしょうか。

60点取ったことで、自分がやっている作戦に間違いはないが、不足があることをわかります。

100点を取れるようになるために、80点が取れるような学習に立ち向かいます。

60点を取る学習を経験したことで、80点を取る学習への姿勢が整っています。

次回は80点に近い点数をとってくるでしょう。

生徒の学力が伸びるようにするには、100点を目標におく方がよいです。

 

さらに、どの高校・どの大学に進学するかを見据えておいた方がよいです。

もちろん、どのような大人になるかを考えておいた方がよいです。

そんなに子どものうちから追い込まなくても、という声も聞きます。

追い込むのではありません。

自分の将来について真剣に考えることは、きっと子どものためになります。

もちろん一度決めた将来像が、成長に伴って変化することはあります。

でも、目標を持って学ぶ生徒と、目標もなく学ぶ生徒がいて、どちらが学力を伸ばしていけるかは言うまでもないはずです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.