相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成数学特訓講座

一日に何回疑問を持ったか

 
この記事を書いている人 - WRITER -

学力が上がるか上がらないかの決定的な違いの一つは、疑問を持っているかどうかです。

何かが目の前に現れた時に適切に疑問を持って眺めるかどうか、です。

疑問を持つというのは、考えるからこそできることです。

考え続ける時間の大きさが、その子供の伸びる大きさです。

頭を使う以外に、賢くなる手立てなどありはしません。

街をただ歩いているだけでも、頭を使って景色を眺める子供はガンガン疑問を抱きます。

頭を使わずにいる子供は、同じものを見ても何も感じません。

教科書やワークに取り組んでいるときでも同じはずです。

同じ教材で同じ授業で同じ時間の長さを過ごしても差がつくのは、疑問を持たずに生きているからです。

今日も漫然と公式を見て代入している生徒に、そういう話をしました。

自分の今いる視点から飛ぼうとしないで、自分の都合ばかり述べても疑問は出ません。

目の前にあることを誠実に見つめて、どんどん疑問を持っていきましょう。

その疑問をどんどんぶつけて下さい。

絶対に賢くなりますから。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -