相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

県立相模原高校は僅差の世界

 
この記事を書いている人 - WRITER -

中学3年間で学力の差は必ず大きく開きます。

その差を作るのは小学校6年間です。

ということは、高校3年間でつく差は中学3年間が原因です。

県立相模原高校のような上位高校に進学する生徒の間でさえ、ちゃんと差がついていきます。

他の県立高校に比べれば差が小さくなりがちとは言え、です。

もう少し詳しく言えば、定期テストを例にすれば平均点近辺の層が厚いというのが、県相の特徴です。

平均点前後でちょっと上に行くと、グンと学年順位が上がります。

評定もそこで差がつきやすくなっているようです。

1点の上下、1問のミスで明暗が分かれてしまいます。

これは入試に似ているな、と考えます。

入試でも最後に合否を分けるのは1点や1問です。

目の前の1点や1問を大事にしないで、その先の学力の伸びはありません。

場当たり的に対応力だけを上げてはいけません。

継続して学ぶ習慣こそしっかりつけておかないと、1点に泣くことになります。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -