相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

冬期特訓2021

計算は5秒の勝負

 
この記事を書いている人 - WRITER -

正解した答案であっても、出来る工夫は生徒に伝えていきます。

今日も高校生の方程式問題の正解答案を確認しながら、「これが計算量が最も少ない答案だと思うけど、別解のアイディアはある?」と尋ねていきました。

頑張ってひねり出してくれた別解について検討したり、塾長からさらなる別解について解説したりしました。

使える武器は増やしておいて損はありません。

なるべくならば、基礎基本から連なって来る武器であればさらに良しです。

どんな問題でも更なる工夫を探してもらいます。

計算の工夫は常にやるべきです。

しかし、計算の工夫を探して手が止まってしまうのは意味がありません。

反射で出せる計算の工夫をどれだけ積んでおくかが大事です。

その上で、日ごろの習慣として心得ておくべきことは速度です。

昨日は早いことが大事だと書きましたが、速いこともまた大事です。

計算の工夫は5秒以内に行いましょう。

5秒以内に手が動き始めないならば、強引に計算した方がマシです。

常に手と目と頭を動かし続けることで初めて速度が上がります。

三つのうちの一つ、出来れば二つはいつでも動いているようにしましょう。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -