相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

出来る子はシンプルである

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

出来る子はシンプルです。

 

例えば出来る子は筆記用具がシンプルです。

シャープペンシル。2本。芯も忘れません。

消しゴム。当然2個。テスト中に落とそうが、うっかりものの友達が忘れようが、万全です。

赤ペン。太すぎないインクペン。握りやすく、採点のスピードが落ちないものが良いです。

定規。プラスチック・金属。何でもいいです。でも、キャラクターなどは描いていないものを。

蛍光マーカー。4、5本。同じ系統の色は絶対に持ちません。

このように、ペンケースに余計なものは入っていません。

ペンのキャップにちゃらちゃらと音のするチャームなどありません。

あんなものは、書くときにペンのぶれを起こすだけの邪魔者です。

こうなると、ペンケースも大きすぎないものになります。

 

例えば出来る子は、行動がシンプルです。

宿題を出したときに、不満の声を出しません。

一瞬チラッと表情に出ても、無言で手が宿題の範囲をメモしたり日付入りでマークするだけです。

宿題を万一忘れても、くどくどと言い訳しません。

自分が言い訳をしても、何も変わらないことが分かっていますから、さっと申告して頭を下げるのみです。

勉強中の体の動く範囲がコンパクトです。

脇を締めて、机と講師とホワイトボードだけを見ます。

やや前傾の姿勢で、問題に挑み続けます。

解き始めたら、めったなことでは席を離れません。

 

例えば出来る子は、会話がシンプルです。

余計な修飾語や擬態語・擬音語で発話を飾り立てません。

伝えたいことを、まっすぐにこちらに投げかけてきます。

それが質問であれ、抗議であれそうです。

しかし、そぎ落としすぎません。

必要な情報を、秩序を持って並べて発話します。

語尾を延ばさず、主語を落とさず、目をそらさず。

話は伝わりやすく、誤解がないので物事がスムーズに動きます。

 

出来る子はシンプルです。

そこに私は機能美を感じます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2018 All Rights Reserved.