相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

3学期の先取りは基本だけでいい

 
この記事を書いている人 - WRITER -

冬の間に考えておくべきことの一つは3学期の学習です。

どうしても年度の最後になると、学校の授業が遅れている分を取り戻すために速度が増しがちです。

数学で言えば統計に関わるような分野がそれにあたります。

そして統計であっても県立高校入試で扱われないわけではありません。

中3の最後の部分を除いて、中1・中2のデータに関わる分野は必ず出題されると考えましょう。

そのような部分をサラッと授業で触れて終わり、となると定着に不安が出ます。

そして1年後・2年後の入試で出題されたら?となると正解率が低くなります。

データに関わるものは他の分野と複合しにくいので、復習の機会も少し少ないですしね。

それが予想されるのであれば、今から先取りで教科書を読んでおくことが上策です。

別に難しい問題が解けるようになろうという話ではないです。

教科書をよんで用語を暗記しておくこと。

基本となるいくつかの例題に手をつけてみること。

それだけでも差がちゃんとつきます。

その上で学校の授業を受ければ、理解度が上がって得点が取れるようになります。

予習ほど基本に忠実な行動を強く意識していきましょう。

春期特訓の参加者を募集しています。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -