相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

小学生からできる方程式への準備とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

小学生の頃から算数が得意になるためにやれることはいくつもあります。

頻繁にここに書く四則演算の練習もそうです。

それと並行してやっておくべきことは、線分図の練習です。

線分図は問題文の条件を図に表すものです。

とりわけ物事の大小、等しさに注目して図を書くことになります。

これは後々不等式や方程式を立式する際にも関わってくる重要な考え方です。

中学生になって方程式の文章問題が苦手になるのは、ここの徹底が足りません。

どのような学問でもそうですが、とりわけ数学は積み重ねの側面が強いです。

中学生になっていきなり文章問題が不得意になるのではありません。

小学算数を適当に流した結果、中学数学で酷い目に遭うだけです。

そうならないためにも、大小や等しさについて問題文から読み取っていく練習が必要です。

読み取ったものを図に表すのが線分図です。

それを数式化すれば、方程式になります。

今の小学校6年生の算数では、文字をあまり使わないだけでほぼ方程式と呼べる問題を扱います。

と言うことは、以前なら中学生になってから発覚した弱点ともっと早く対面することになります。

挫折が一歩早まる可能性があると言うことです。

これを防ぐためにも、小学生のうちから算数の線分図をたっぷり練習して得意になりましょう。

春期特訓の参加者を募集しています。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -