相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

速さを習慣にするためには行動を伝える

 
この記事を書いている人 - WRITER -

遅いということはほぼ致命傷です。

タイムリミットまで余程余裕がある時、あるいは目標に対して能力が余裕を持てる時は別です。

例えばテストの制限時間より10分以上余裕を持って戦えるのなら問題ありません。

しかし、テストにおいて時間がもっとあれば!と思ったことがあるのならば、もう赤信号です。

自分の速度が遅いと考えるべきです。

オスとの時に遅い人間が、普段の行動で速い/早いことはありません。

極端に言えば、普段の歩き方や食べ方が遅い時点で行動そのもの/判断そのものが遅いです。

我が子がそうなっているのは、日常の生活でそう育ってしまった結果です。

これは、速くしなさいと声をかけても無駄です。

速くするとはどういうことかを分かっていないのですから。

ということは、速くなってもらうためには速い行動の基準/手順を伝えることから始めましょう。

意識ではなく、行動の方が先に変えられます。

ただし、あくまで簡単な行動から速くしてもらうことです。

そして、速さを楽しめるように接することです。

とりわけ学年が低い状況からそこを始めてもらいたいです。

速さなど所詮は習慣ですからね。

春期特訓の参加者を募集しています。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -