相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

県立相模原高校の生徒がテストの振り返りで言うこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -

1週間は7日間×24時間×60分間=10080分あります。

定期テストと定期テストの間にはおおよそ2ヶ月間あるとすれば、9週間ほどあることになります。

定期テストの間にはおおよそ90000分ある計算です。

90000分全部を学習に使うわけではないにせよ、1教科に1%投資しても900分。

3%投資したら1800分の学習量になります。

5%なら4500分です。

それに対して、テストの時間は1教科あたり45〜50分といったところです。

桁が二桁違います。

テストの振り返りをするときに注目すべきは当日の振る舞いではないはずだということは、この数字からも明らかです。

県立相模原高校や相模原弥栄・麻溝台の上位にいる生徒とテストの振り返りをすると、答案そのものではなくテストに向けての日常についてのコメントがきちんと出ます。

正解したか不正解だったかを論ずるよりも、その原因を考えましょう。

原因をきちんと作れば結果につながります。

日常生活でどのように学習を優先して時間を確保していくのか。

丁寧に答案を作る行動を日常でどのようにして無意識レベルまで高められるか。

いかにやる気に頼らない習慣化された行動で学習と向き合うのか。

そのような事柄を確認していけるから、上位高校で学力を伸ばしていけるのです。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -