相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

2022夏期数学特訓(一般生)

季語を歳時記で学ばない

 
この記事を書いている人 - WRITER -

机の上で学習することは大事です。

しかし、何でも机の上で学ぶべきだとは思いません。

今日は小学生の国語で、季語の話が出ました。

植物や行事などがどのような季節と結びつくかという話です。

季語をまとめた歳時記と呼ばれる本があります。

歳時記を読んでいけば色々な季語が覚えられます。

しかし、それは味気ない学びそのものです。

日常生活の中で色々な観察をしていけば、季語は自然と覚えられるはずです。

菜の花は春、ヒマワリは夏、コスモスは秋、ボタンは冬。

満月は、雪だるまは、海水浴は、花見は。

そういうものは日常で何度も出会うもので、それを思い出として心に留めておきたいものです。

日常の風景を書物の中に発見し、世界を引き寄せるから理解が深まります。

書物と世界とが地続きであることを実感できます。

そういう生きた学びでも、賢くなりましょう。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -