相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

冬期特訓2021

方程式は等式だと強く意識しましょう

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

途中式を書く際の着眼点を言語化して把握しておくべきなのは、中2の連立方程式に限りません。

中1の方程式だろうが、中3の連立方程式だろうが同じです。

「何を狙いにしてこの式の操作を行うのか」を説明できれば、式の操作を間違えません。

方程式に限って言えば、最終的にはx=の形にすることが目標です。

そのために何をするのか、ということを教科書の例題で示しています。

「文字の項と数字の項を整理する」「係数を取り外す」「文字の数を減らす」などという具合です。

どの順序で自分はそれを行い、何を意識するのかを必ずルールとして考えましょう。

特に気を付けてほしいルールは「方程式は等式である」ということです。

等式は等号で辺と辺を結んだものです。

どこかの辺に行った操作は他の辺でも必ず同じことをします。

そうすれば、等しいという関係を保てるからです。

ここの意識が弱いことで計算ミスをする人は多いので、ぜひ記憶に残して活用してください。

この記事を書いている人 - WRITER -