相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学特訓講座

考えるクセがついていない子供の口癖とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

学力が上がる生徒と上がらない生徒の違いはいくつもあります。

そのうちの決定的なものの一つは「聞かれたことに答えられるか」という点です。

学力が低い・学力が上がりにくい生徒はここが全くできていません。

自分が今何を聞かれているかを考えずに反射で答えを返します。

いくつですか、と聞かれて数をこたえません。

Aについて聞かれているのにBについて語ります。

名詞で終わる問いかけに同士で答えます。

これはもう、10数年そうやって生きてきたということの表れです。

まずここから叩きなおさないといけない生徒の如何に多いことか、です。

人の言うことを聞かない・問題文を読まない生徒です。

日頃からそれで生活が成り立っていた間違いから、直さねばなりません。

何となく雰囲気で、の生活から脱却してもらうことが必要なのです。

伸びにくい子供の会話例として質問に対して「なんか~、」という一言が入っていることが挙げられます。

ぜひお子さんに何か質問してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -