相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

相模原市近郊 平成31年 2019年 県立高校入試 志願倍率(2/6現在)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

相模原市近郊の2019年度県立高校入試での2/6現在の志願者数が発表されました。

当日欠席・取り消しなどはありますが、これで受験人数は確定です。

一部の学校は志願変更による倍率の変化もありますので、参考までにご覧下さい。

高校募集定員志願者数(変更前)志願倍率(前年同日倍率)
相模原278373(378)1.341.30
弥栄 普通183215(216)1.171.21
麻溝台358391(373)1.091.18
上溝南358403(405)1.131.13
橋本263294(272)1.121.03
厚木358473(507)1.321.29
大和278378(402)1.361.47
海老名398510(507)1.281.15
座間278381(426)1.371.30
大和西278362(374)1.301.28

 

比較的昨年度と近い倍率になった高校が多いです。

県相は昨年より少しだけ倍率を上げましたが、大きな影響はないでしょう。

取るべき点数をきちんと取れば合格できる現実的な倍率です。

他校へ流入した生徒と流出した生徒はほぼ同数ですが、流入してくるのは横浜翠嵐・厚木などのトップ校の志望生です。

ライバルが強くなっただけですから、一層丁寧に学習して1週間を過ごしましょう。

その県相から麻溝台へ志願変更した生徒がいたことが分かります。

それでも麻溝台は大幅に倍率を下げたので、ほっとしている受験生も多いでしょう。

橋本は昨年の低倍率からきちんと復調しましたね。

上溝南とほぼ同倍率、頑張ってもらいたいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.