相模原市中央区矢部 相模原高校・相模原弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

その「常識」は子供の学力に役立つのか

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

塾生の皆さんは絶賛初夏特訓期間中の青木学院です。

5月に特訓と称して毎日学習できる環境を整えてます。

もちろん夏の特訓というわけですから、朝9時から夜9時までやってます。

どうやら伝え聞くところでは「あの塾長はおかしい。常識がない。」というお言葉があるようです。

なるほど。

確かに5月に夏の特訓だというのは、なかなか常識がないでしょうね。

全くもって反論の余地がありません。

その文脈でみれば、確かに塾長はおかしいです。

ところでその「常識」は、子供の学力の足しになるんでしょうか。

そもそもこの時期に学校が3ヶ月連続でお休みになっているのは常識でしょうか。

非常識も非常識、ただの非常事態・異常事態みたいな希代なけったいな時代じゃないでしょうかい?

塾長が考えることはシンプルです。

(健康を考えた上で)子供たちの学力を伸ばしていくためにベストな行動はなにか、です。

保護者の皆さんが願っていることってこれですよね。

常識が子供たちを幸せにする場面では、もちろん塾長は常識家の中の良識派です。

でも常識にとらわれることが学力を阻害するなら、そんなものはドブに流します。

子供たちの時間をドブに流すわけにはいきませんからね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2020 All Rights Reserved.