相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

根本的に学力の差がつく教科とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

学校の指導教科は様々あります。

国語・算数・数学・理科・社会・英語・技術家庭・美術・体育・音楽などなど。

最近では情報だって加わりました。

それらの学習教科の中で、一番根本的に学力差がつくものはなんでしょうか?

その教科の学習が他の教科の学習に与える影響から考えれば、答えは決まります。

国語です。

どの学習であれ、文を扱って学習は進みます。

説明も問題も解説も思考も、文がベースです。

与えられた文を適切に読解し、聞いた話を適切に理解し、自分の思考判断を適切に表現する。

これは国語学習でまず培うべき力です。

僕の生徒たちで県立相模原・相模原弥栄・麻溝台高校に進学して学力を伸ばした生徒たち。

みんな良い読解や良い発話ができる生徒たちばかりです。

県立相模原・相模原弥栄・麻溝台高校での学習だって、文と接さずにはいられません。

歴史の教科書を読むのも、英語の文法解説を理解するのも、国語力がベースにあってのものです。

国語力を抜きにして学習の話をするのは、我田引水やポジショントークです。

その時点で学習に対する理解のレベルが知れます。

大事なことは生徒の学力を伸ばすことです。

ここでいう学力とは、学びを進めるための力そのものです。

その基礎である語彙力や読解力の上に、様々な力を乗せていきましょう。

算数や数学は、確かな国語力から培うべきものです。

だから僕は生徒の指導の時に、どんな言葉をどう伝えるかを考えています。

だから生徒たちが算数や数学を得意になってくれます。

春期特訓の参加者を募集しています。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -