相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

場合わけが苦手になる理由とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

数学でも他の教科でも、物事の共通点を探していいくことは大事です。

$$\sqrt{x}=|x^2|$$

例えば上の式を理解しているかいないかで、一つ問題を解く手順を減らせます。

結局は絶対値と同じだと捉えれば、場合分けの基準も見えてきます。

高校数学では場合わけで倒れていく生徒は非常に多いです。

悪い意味でのパターンマッチングで中学までの数学を解いてきた生徒は、場合わけ苦手です。

ただ、場合分けの基準も本当は難しいところにはありません。

物事を具体的に確認していった経験があれば、どこで分けるのかが見えてきます。

そこを飛ばしていきなり場合分けの条件を暗記しようとすると、実戦で負けます。

一つでも多くの物事を経験値として自分の中に蓄えた上で考え方を理解していきたいところです。

小学生ぐらいでどれだけ多くの生活経験値を得ているのかが鍵になります。

何かと何かの共通点探し、相違点探しという遊びですね。

抽象化の第一歩とでも言いましょうか。

これを机上だけですませようとすると非常に厄介になります。

抽象化は柔らかい頭のうちに練習しておきたいので、遊びだと思ってやるぐらいが丁度いいです。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -