相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

2022夏期数学特訓(一般生)

雑にアウトプットしない

 
この記事を書いている人 - WRITER -

毎度散々生徒には言い続けることですが、ご家庭でもやって欲しいことの一つは「対話」です。

インプットとアウトプットを同時に出来る対話はとても子供を賢くできるチャンスです。

語彙力が増えるように少しずつ新しい表現を入れていくのは基本です。

子供を子供扱いしないことが、子供の学力の骨になります。

中学生になって自分の祖父母のことを「じいじ」「ばあば」等と家庭の外で語るような語彙力と文脈力ではまずいです。

また、アウトプットの例として注意して欲しいのが「問われたことに答える」をどこまで徹底するかです。

「何分ですか?」と問われているのに時間数を答えるようではダメです。

もちろん言いたいことは伝わるというのは百も承知です。

しかし、言いたいことが伝わればいいレベルで終われば、相手の言葉にも自分の言葉にも鈍感な子供になる可能性が大きく残ります。

そういう雑さが生徒の答案に現れていることを、日々実感しています。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -