相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学特訓講座

県相生になるために今小6がやっておくべきこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -

タイトルのようなことを質問されました。

身もふたもないことを言えば「そんなものは人による」のみが正解です。

人生全体の体験経験値が不足しているのであれば、ガンガン美術館・動物園・水族館・キャンプなどに行くべきです。

語彙力が不足しているのであれば、毎日語彙力を増すべく読書と発話に努めるべきです。

体力が不足しているのであれば、ウォーキングからのジョギングで体力をつけるべきです。

受験の最大の武器の一つは健康と体力ですからね。

等とそれぞれ色々あるとは思いますが、最も不安なものとして挙げれば基礎計算力です。

分数・小数の加減乗除が正確かつスムーズにできるか。

割合・比の概念が十分に理解できているか。

図形問題などでの試行錯誤が丁寧に行えるか。

この辺りが不足していては、3年後の県相受験に支障が出ます。

何故なら中学数学・理科で確実にこの基礎力の無さが足を引っ張るからです。

英語の先取りが出来ているかどうかより、ずっと問題です。

そこをひっくり返すぐらい他の教科の力があればよいですが、大半の受験生はそうはいきません。

この冬から春の間に、徹底的に算数の基礎力を磨きましょう。

何となく学習習慣をつける程度、ではなく。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -