相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

通知表 オール4 偏差値

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

昨日の記事の続きです。

今日は通知表がオール4の時の偏差値について「おおざっぱに」考えてみます。

 

昨日と同じく最初に結論を書いておきますので、忙しい方はこれだけ覚えて帰って下さい。

「相模原市中央区近辺では通知表オール4≒偏差値56」

以上です。

 

では、詳しいお話です。

改めて書きますが昨日のオール3の場合と同じく、「通知表オール4=偏差値いくつ」は「絶対のもの」はありません。

そこを模擬試験の合格率と偏差値を参考にして、おおざっぱに考えたのが以下のお話です。

 

相模原市中央区近辺の県立高校の模擬試験を参考にしましょう。

例によって合格率60%の生徒の偏差値です。

上溝南高校(偏差値51・内申点100)と橋本高校(偏差値49・内申点96)を参考にすれば、偏差値50相当の内申点は98前後と言えます。

これから通知表の評定を考えれば、おおよそ33です。

 

オール4では4×9=36ですから上溝南高校を超えることになります。

入試の際に使われる内申点は36×3=108です。

ちょっと相模原市中央区矢部からは遠くなりますが、座間高校(偏差値57・内申点113)そしてお馴染み麻溝台高校(偏差値55・内申点105)という数値がありますから、この間ですね。

偏差値換算では56相当と見ることも出来るでしょう。

 

ただしもう一度書きますが、これは絶対のものではありません。

ある模擬試験のデータを参考にしただけです。

また、今回取り上げていないいくつかの学校では、内申点と当日のテストの点数のバランスから

テストでの偏差値との間に大きなズレが出る場合もあります。

あくまでも参考にとどめて下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.