相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

自分の人生は自分で演出する

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

生徒が「この問題が分かりません」と質問に来ました。

問題を読むと、その生徒だったら問題なく解けるはずの問題です。

学校で既に学習している範囲であり、塾でも練習している範囲です。

しかも学校のテストで100点を取っている生徒が、学校の教科書準拠のワークを持ってきて「分かりません」と言うのです。

この生徒はある程度の頻度でこういう質問をしてきます。

この生徒の長所は非常に「よい子」である所です。

忘れ物をせず、宿題をサボらず、授業に集中し、言い訳をしません。

いつでもコツコツと積み上げ続ける姿勢は素晴らしいです。

この生徒の短所は非常に「よい子」である所です。

「正解しなくてはいけない」と思うあまり間違いを恐れすぎます。

少しでも自分のレールと違う問題に身がすくむことがあります。

その短所が、この生徒の伸び悩みの一因であると考えています。

件の質問を脇に置いて、その生徒が100%正解する問題を二つ出しました。

それに正解してもらった後に、「今解いてもらった問題を自分が解けないと思う?」と尋ねると「解けると思います」と答えてくれました。

「じゃあ、あなたが質問したのは今の二問を組み合わせたものだと思う?」と尋ねると「はい、そう思います」と答えてくれました。

「でも、難しいと思ったんだよね?」と尋ねるとややあって「はい、思いました」と答えてくれました。

それで良いと思います。

思う事を無理矢理ねじ曲げるのは良くないです。

生徒が「難しい」と思ったのは生徒の心の中ですから、そこは問題ないのです。

難しいと思ってもいいと自分を許していきましょう。

その上で、「自分の人生は自分で演出する」ということを覚えてもらいたいです。

難しいと思えば身がすくみます。

その時に「違う様に考えたら解けるかもしれない」と思える自分になってもらいたいです。

何せ、既に解けるだけの実力があるのですから、

「自分なら解けるのではないか」と図々しく一歩前に出て欲しいのです。

自分の実力をどう認めるかでも学力は向上していきます。

自分を信じて前に進められるのは最後は自分だけです。

自分が頑張ってきた過去を信じれば、未来に進むことが出来ます。

為すべき事をしてきた過去が、何かを為し得る未来を作れます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.