相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

2021夏期数学特訓

数学が得意になるためにまず手を動かそう

 
この記事を書いている人 - WRITER -

高校生の数学でも試行錯誤は大事です。

今日は県立麻溝台高校の生徒と教科選択のための面談を行いました。

一通り相談を終えた後に「教科の質問もいいですか?」と数学のテキストを取り出してくれました。

ものはついでですし、機会を使ってくれようとしたその心意気やよしです。

高校1年生がつまづきがちな「順列・組み合わせ」の問題についての質問でした。

この単元で顕著なのですが、「どの公式を使って解くのか?」という考えが強すぎるとハマります。

公式の当てはめを意識するのではなく、実際にどのような事象が起きるのかを考えましょう。

問題で扱う数値を下げてでも、実際の数や場合をドンドン書き出してみるべきです。

その数や場合を変化させるとどうなるかを考えた上でモデル化して立式していきましょう。

そういう思考錯誤を何度も重ねると、どういう数式で事象を表せるかが身に尽きます。

それが自分オリジナルのツボになっていくことで、数学が得意になるのです。

意味を考えない公式代入は、百害あって一利なしなのです。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -