相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

数学が苦手なままの生徒は書かない生徒

 
この記事を書いている人 - WRITER -

数学が苦手なままの生徒は例外なく書かない生徒です。

例えば式を書かない生徒をイメージしてください。

答えだけささっと書いて終えようとします。

一見暗算で処理できてカッコよく見えます。

それが完璧であれば何の問題もないです。

しかし実際にはテストで思うような結果が出ていません。

この原因の一つが、式を書かないことです。

そもそもなぜ式を書かないのかと言えば、数学が苦手だからです。

苦手なものと関わる時間を減らそうとして式を書きません。

考える時間も減らして、試す時間も減らします。

答えだけをパッと出すことに執着します。

正解率を上げるための行動をとらないのです。

中学の数学でもそうですが、とりわけ高校の数学は文字式を扱う時間がほとんどになります。

数字の答えだけで話が済むことがありません。

正解に至るまでずっと式を操作し続けます。

そもそも立式するところから、式から離れられません。

でも、答えの数字のみに執着している生徒にはこれができません。

長方形の面積の数字がいくらか?

食塩水の濃度がいくらか?

そういう数字のみに囚われて、式から関係を読み取ったり、関係を式にする練習から逃げた結果です。

そうならないために、最初から丁寧に式で考える癖をつけていくべきです。

数学の最初からではなく、算数からです。

その式を考えるために、具体例をいっぱい書くところから始めるべきです。

詰まるところ、間違った怠け方をした結果として数学が苦手になるのです。

春期特訓の参加者を募集しています。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -