相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

理科や数学が苦手になる決定的な意識とは

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日も理科の質問を受けていて考えましたが、理科数学が苦手な生徒は「なぜ」に対する意識が弱いです。

何かを覚えて当てはめるという機会的なパターンマッチングのみに終始して乗りきってきた生徒がほとんどです。

そしてそのままで、県立相模原高校のような上位高校や大学への進学が厳しくなるレールを走っています。

そのレールから一刻も早く路線を切り替えねばなりません。

公式代入レールを走るのは楽な気持ちはわかります。

一つ操作をすれば正解っぽい数字が出てくるので、苦手になりにくく思えるからです。

しかしこれはその場しのぎに過ぎません。

実際には隙間のある土台にものを乗せ続けているだけです。

ですから、上位高校進学を考えるのであれば「なぜ」を問い続けることでレール変更をしなくてはいけません。

放っておいて自力で考え続けるのは厳しいです。

ですから、青木学院の個別演習授業では塾長に質問をした時に「なぜ」を逆に問われる時間があります。

自力で問えるようになるまでは、自分が問えていない現実を何度も見てもらいます。

これは楽に気楽に生きていきたい人にはきつい体験です。

それを分かった上でそれでも賢くなりたい人のために、青木学院では指導をします。

ですから、青木学院で塾長に質問しまくった生徒は自分で「なぜ」を問うていけるようになります。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -