相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学一単元完成講座

2023年神奈川公立高校入試から考えること

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は神奈川県の公立高校入試の学力検査日でした。

まだ全問をチェックしたわけではなく、受験生と少し話しながら問題を一部見た程度です。

その段階ですが、やはり強調しておきたいことが一つあります。

それは「単なる知識で解く問題がさらに減少している」という傾向です。

インプットした知識をシンプルにアウトプットすればいい、とりわけ理科社会は暗記科目、といった考えはもう捨ててください。

社会でも資料を読んで分析したり比較したりする問題が多くなっています。

日常から数的処理に慣れておいたり、因果の把握や比較検討に親しんでおくべきです。

知識はあくまでもそのベースとなるものです。

数学を解く際の四則演算のような立ち位置ですね。

徹底して観察したり思考したりする習慣が有るか無いかが合否の分かれ目になります。

これは特に上位層ほどそうなります。

大学入試の問題がそのように作られているからということでしょう。

県立相模原・相模原弥栄・麻溝台などの進学はあくまで大学受験の準備として高校受験を突破していくぐらいの精神でクリアしていきたいものです。

春期特訓の参加者を募集しています。

3月22日は塾長の誕生日です。

これを記念(?)して2月22日から3月22日までに入塾された方に先着で入塾金半額キャンペーン中です。

お問い合わせ時に特典希望とお伝え下さい。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -