相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成数学特訓講座

完璧主義を捨てよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -

完璧主義と言いますか、悪い意味で真面目と言いますか。

そういう生徒は学力が伸び悩みます。

真面目に学習しているのに偏差値55ぐらいでうろうろしてしまい、突き抜けられないタイプです。

数学の証明問題でも、最初から模範答案に近い綺麗な答案を作りたがるタイプです。

小学生の算数で言えば、間違った計算の式を消しゴムで消して書き直すタイプです。

学力が十分にないのに綺麗な答案を目指しすぎてはいけません。

ペンを動かす速度が鈍ります。

これでいいのかな。

あっているのかな。

間違ったらどうしよう。

などという気持ちにとらわれています。

大事なのは、一文字でも多くの答案を書いてみることです。

どのみち不足があるのですから、できなくて当たり前です。

間違えることを恐れてはいけません。

間違った問題は宝の原石です。

間違えた問題を一つずつ修正していくことで学力は伸びます。

間違えて始め学力が上がるので、間違えまくるぐらいの勢いでいいのです。

間違えたものを圧倒的な勢いで見直していけば、ライバルに追いつき追い越せます。

消しゴムの話もそうです。

間違えた答案を消すと、自分の弱点を見直すことができなくなります。

それでどうやって間違いの再発を防げるでしょうか。

消しゴムを使っている瞬間に、脳は動きません。

それでどうやって学力を伸ばせるでしょうか。

どちらもダメです。

単純に速度の低下を招いているだけです。

これはあくまでも、速度が足を引っ張っている場合の話ではあります。

丁寧さが不足している場合には、丁寧に解くのが当たり前です。

大事なのは、自分の今の不足を補うことです。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -