相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

2022夏期数学特訓(一般生)

一見「効率よい」学習はダメだ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

どの教科でもそうですが、学力が上がる生徒はガンガン手を動かします。

例えば国語の問題を解くときに、本文に自分なりのやり方でマークやラインを入れていきます。

いきなり正解答案を作ろうとせず、答案の部品を拾い集めながら考えます。

数学の問題を解くときに図や具体例やグラフを書き出し、途中式もどんどん書いていきます。

もちろんそうするまでもなく正解できる問題なら別です。

しかし、少しでも不安があるのならまずは手を動かしながら頭を動かす方が相乗効果で正解に辿り着くまでの速度が上がります。

これもまたある種の試行錯誤だと思っていいでしょう。

試行錯誤をすることなく正解だけを求めるような、一見「効率よい」点数の取り方を目指してはいけません。

なぜなら、上のレベルになればなるほど、学年が上がるほどにそれは通じないぐらい難度が上がるからです。

どこかの学年で数学や国語が苦手になったと誤解する原因の一つは、この省エネ的学習姿勢にあります。

そうではなく、こまめに手を動かして考えていく姿勢を身につけてください。

習慣として身につけるべきものですから、なるべく早い時期が理想ですね。

学習内容の難度が上がってから身につけようとするようでは、まさに泥縄そのものです。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -