相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

2022夏期数学特訓(一般生)

自分の頭と手をガンガン使うのが演習

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ある県立相模原高校の生徒と面談をしました。

現状からはなかなか難しい目標を持ったことがきっかけの面談でした。

「じゃあここからどうしたいか希望はある?」と尋ねてみると、答えはシンプルでした。

「まずガンガン演習量を増やしたい」

今自分が思うような結果が出ていない原因について、演習量が足りていないと考えたのは実に正しいです。

例えば計算の速度が遅いのは「考える時間を減らせるほどの演習量」が無いというのが原因のほとんどです。

掛け算九九を使って計算するときに考えこむ人はいません。

何でも無暗に筆算して計算速度を下げるのも、暗算の演習量が不足しているからです。

公式とされるものの概念理解が定着していないのは、使いこなせるようになるまで演習していないことが大半です。

素晴らしい講義が学力を伸ばすことは絶対にあります。

しかし素晴らしい講義があれば演習が不足していていいかと言えば、そうではありません。

講義と演習のどちらが足りないかは人によって違いますが、大半の生徒は演習量が全く足りていないのです。

それから目を背けて講義を求めた結果、自分の頭と手を使う量が不足しているのです。

まず自分の頭と手をガンガン使ってみてください。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -