相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

算数・数学が国語に比べて苦手だと思われる理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

算数・数学が苦手だと思う生徒は世に多くいます。

国語が苦手だと思う生徒より多い調査が大半です。

算数と数学でも、数学のほうが苦手だと思う生徒が多いです。

「実際にどのぐらい理解して使いこなせて問題に答えられるかということ」と「苦手だと思うこと」は違うものです。

本当は今ひとつ出来ていないにも関わらず苦手だと認識しない場合もあります。

兎にも角にも、算数・数学は苦手だと思われがちです。

これは、理解や定着が曖昧であればあるほど解けない・わからないという度合いが国語などより高いからだと考えています。

国語の問題では、「読めばなんとなく設問に答えられる」ということが算数・数学に比べて多いです。

生徒の正解答案と問題を見比べて「なぜこの設問にこの答案をつくったか説明して」と言っても、曖昧な返答がなされることが国語では多いからそのように考えています。

数学ではそのようなことが起きにくいです。

理解して結びつけて使いこなせるようにならねば、数学の得点は安定して上昇しません。

これは、非常にオーソドックスな/オーセンティックな学習の性質だと考えています。

さんすう数学の学習をきちんと出来るようになれば、その手法は他の教科にも広げていけるというわけです。

だから青木学院では、とりわけ算数・数学の学習について重点的にお話をしているのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.