相模原市中央区矢部 相模原高校・相模原弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

相模原高校は3年間通うのだ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

タイトルを見て「何を当たり前のことを」と思う人ばかりではないでしょうか。

当たり前なんですが、これを考えていれば小中学校での子育てが変わると思うのです。

 

塾長はラーメンが大好きです。

地元・相模原市中央区矢部で言えば「佐賀熊本ラーメン梅吉」。

一つお隣の淵野辺駅なら「中村麺三郎商店」「貝ガラ屋」「麺屋歩夢」の3本柱。

南区相模大野の「クックら」「ラーメン二郎相模大野店」。

大和市の名店「うまいヨゆうちゃんラーメン」。

湯河原町まで足を延ばせば「らぁ麺屋飯田商店」。

新宿駅近くの「五ノ神製麺所」のつけ麺。

おいしいお店は近くにも遠くにも沢山あります。

どのお店に伺うのも楽しい時間です。

そして自由にそれを選べます。

 

でも、子供が通う高校はそれとは話が違います。

どの高校に通うかは大きく学力(と物理的距離)で制限を受けます。

一度入学したら3年間そこに通い続けなければいけません。

(本当に嫌ならやめてもいいんですけど、お勧めはしにくいですよね)

気まぐれにラーメン屋さんを選ぶのとはわけが違います。

買い物に出たついでに高校を選ぶわけにはいきません。

そして3年後に卒業する時にどのような自分になっているかに、通った3年間は大きく影響を与えます。

残念ながら、通っている高校で得られる経験には差があるのが現実です。

評価の高い高校には相応の先生が割り当てられるものです。

そして、そこには志と能力の高い生徒が集まりがちなものです。

そりゃあ影響もあるってもんですよ。

こう考えたときに、タイトルのことを思い出してください。

ね?だいぶ重大なことのはずですよね?

 

ラーメン屋さんなら、行けるお店に行けばいいと思えます。

どこかのラーメン屋さんに行ったから人生に大きく影響が、という人はそうそういないはずです。

でもどこの高校に通うかは、結構重大なことです。

そう考えたら、「子供にそこまで勉強をさせるのはかわいそう」と言えますか?

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2020 All Rights Reserved.