相模原市中央区矢部 相模原高校・相模原弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

改良し続けようとすれば伸びる

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

受験生がノートを見せに来ました。

全問正解した答案のノートです。

それを確認する塾長に向かって、こう言いました。

「この問題を解くのにこれだけの時間がかかりました。

もっと早く解きたいんですけど、どの行の計算を工夫したらいいですか?」

いいですね。

ただ正解して丸が付けばよいというのは、大したマインドではありません。

自分の答案や解き方に改善点はないかと意識して、実行に移すのが良いマインドです。

そういうことを質問できるようになったということは、何を鍛えるのかを意識して演習しているということです。

水曜日の講義授業や週末のテストゼミでは、塾長がどういうことを考えて答案を構成するかを話しています。

その話が刷り込まれているからしてくれた質問でしょう。

早速計算の手順の入れ替えとその目的や、別解を用いて素早く解く方法とその着眼点について伝えました。

次回はもっと早く解いて、納得のいく答案に一歩近づいてくれるでしょう。

もう一歩前へ、と進み続けてくれるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.