相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

感覚ではなく理屈で解く 勉強のことだけ学ぼうとするな

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

A「先生、この英文の和訳が分からないので教えて下さい」

「ほぉ、何が分からないの?」

A「単語の意味は調べました。でも、どういう日本語の訳しになるかが分からないです」

「そもそもその『訳し』って連用形の名詞化がむずむするんだが、まぁいい。じゃあ単語の意味が分かる時にどうやって日本語文にしてる?」

A「日本語を並べてきちんと意味が通るようにしてます」

「つまり感覚やね。そらあかん」

A「はい」

「僕は普段から問題を解く時には感覚で解くな、○○で解けと言ってるわな。何で解くか分かるか?」

A「えっ?分かりません」

「やろな。君は勉強の知識を覚えようとはするが、少しでもそこから話がずれたら途端に集中が切れる事がある。そこが君の良くないところよ。お、Bが帰るな」

B「さようなら」

「おい、問題を解く時には感覚で解くな、じゃあ何で解く?」

B「理屈ですか」

「正解。さようなら」

B「さようなら」

「な、あいつは勉強に直接使う知識だけじゃなくて、その手前の話も奥の話も聞いて覚えてるやろ」

A「はい」

「そういうとこを真似したら、君もまだまだ伸びるで。とにかく勉強は理屈を理解して、身につけることを忘れたらいかんよ。ほいじゃ、今からその理屈を説明するから耳を貸すべき」

という会話の後に、英文法解説を始めました。

知識だけで話がすむなら文法書だけでいいのです。

しかし、まだまだ人力で補うべき事柄はあるように思っています。

個別演習がただの自習とは違うとは、例えばこういうことなのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.