相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

学力を上げることは選択肢を広げること

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

ここしばらく県立相模原高校、県立弥栄高校、県立麻溝台高校の

内申点や偏差値についてのお話を多くしてきました。

これらの高校の名前を上げて本当にお伝えしたいことは

「学力を上げることは選択肢を広げること」だということです。

例えば偏差値70ある生徒は、県相でも弥栄でも麻高でも、

なんなら厚木でも自由に選んで通うことが出来ます。

しかし偏差値55であれば、堅実に麻高進学を考えることになります。

進学実績や校風の違いはありますが、本当に大事なことは

「自分が行きたい進路を自分が選べるように力をつける」ことです。

麻高だって立派な高校ですが、「本当は○○に行きたかったけど麻高」

という選択をして進学しては充実した3年間にならないかもしれません。

いざ自分が、あるいは保護者さんから見ての子供たちが何かを選ぶときに

学力に阻まれて選択肢が狭くなることはつまらないことです。

今日も「県相に進学したい」と強く考えてくれている生徒が

定期テストに向けての演習に来てくれていました。

まだまだ改善点の多い生徒ですが、ガッツはあります。

改めて目標達成に必要な行動と思想について考え方を共有しました。

「次のテストから頑張る」という生徒に

「じゃあ今日からこうすればいい」と手順を伝えました。

スタートは早いほうがいいのです。

その分たくさん失敗して、たくさん成功して、たくさん学力がつきますからね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2018 All Rights Reserved.