相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

基本を確認する

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

 

お、どうした。

ほう、ほう。数学が苦手と。

○○の公式いうてみ?いえんか。

ほいじゃ○○の公式は?だめか。

ん、わかった。ちょっとそこ座れや。

中学・高校生用の数学の参考書やら問題集あるやろ。あれはいいもんよ。

大体の参考書や問題集には、その問題集のエッセンスんなる公式やらをまとめた公式集・概念集がのったページがあるんよ。

全ページをめくらんでも、そこを見るとずらーっと書いてあるやつよ。

表紙裏・裏表紙裏あたりを見たら大体ある。

あれをコンビニに持って行って、コピーするんよ。な。

持ち歩きたいんやったら小さめに。

何かに貼りたいんやったら大きめに。

ほいで、いつもそれを見る。

なんっかいもなんっかいも、見る。

ほしたら、何回も何回も見てるうちに、脳みそにそれが焼き付くねん。

ブラウン管のテレビでずーっとゲームしとったら、ゲームの映像が一部ブラウン管に残って見えるようなもんでな…。

ん?ブラウン管わからんか。

まぁそれはええわ。とにかく、何回も見る。

コンパクトにまとめたもんを、何回もや。

机の前に貼れ。トイレに貼れ。壁に貼れ。

デスクマットの下も悪かないけど、あれは上にノートとテキストを広げたら見られん。

やめとけ。

それでまず覚えることや。

 

七分通り覚えたら、今度はその公式を動かす訓練をせぇ。

加法定理から倍角の公式を出して半角の公式を出す、みたいなんやな。

後はもちろん例題を解いて練習するのも大事よ。

覚えるだけやのうて、使い方を身につけることが肝心やからね。

どの条件があればどう使えるか、ということを理解せなならん。

そこは教科書の出番よ。

教科書につらーっと書いてあるから、そこをじっくり考えて読んだら教科書を伏せよ。

閉じたらあかんよ。閉じたらまた開くのが面倒よ。

ほいで教科書を伏せたら、ノートかルーズリーフからチラシの裏紙を出して、そこに今見たものを再現せぇ。

お手本を見ない写経のようなもんよ。人間コピー機よ。

もちろん一発でこれが再現できないのはよくあることやから、気にしない。

もう一度教科書を表にしてまたじっと読んで、もういっぺんトライすればよろし。

兎にも角にも、教科書の例題や公式証明を再現出来ることを目指すんや。

計算手順が合ってれば多少表現が違っても問題はないからな。

再現できるということは公式を頭の中に入れることと、基本的な使い方は身についたはずよ。

それをしっかり繰り返すだけでも、数学が苦手ってレベルはちょっと減らせるで。

公式と使い方の手順を練習したんやから、脳に解くための武器は増えてる。

てことは、解ける問題が少し増えてるはずやからね。

もちろん解いた後には塾長にノートを見せて、チェックしてもらうんやで。

 

騙されたと思ってやってみ。

その後に、問題集解いてみ。解けるから。

ほいじゃ、早速帰ってやれ。即やれ。

 

 

毎日、このような指導をしています。

そうして今年も一年が終わりました。

また明日から、一年を続けます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2018 All Rights Reserved.