相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学特訓講座

問題をなめてるうちは、足元をすくわれる

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

問題を解いていて間違うのは慣れたときにも訪れます。

今日もある程度問題に慣れた中学生が、「解説を読んでも正解が決まる理由がわからない」と質問を持ってきてくれました。

問題を一読し、生徒に自分の解き方を説明してもらったあとに、「ん、それは君が問題をなめてるから解けないだけ」と伝えました。

「納得する?」と尋ねると首をふるので、「じゃあ、問題文を音読しようか」と言って音読してもらいます。

その上でもう一度考えてもらうと、「あぁぁ」と力の抜ける声を出していました。

それを見て、改めて正しい考え方を生徒に説明してもらい、「それで大丈夫ですよ」と言って指導終了です。

この様子だけ見ていれば、塾長はほぼ何も教えていません。

ですが、生徒は何が自分に欠けているかを実感します。

そこを埋めていくのが学習です。

問題に慣れてきたときに問題文を雑に扱うようになります。

そのミスを自分の実感としていつまで丁寧に持ち続けられるかが、次のミスを減らすための最高の考え方です。

凡人が数学を得意になろうと思うなら、自分のミスをいくつも覚えておき、それを繰り返さないようにするしかないです。

この記事を書いている人 - WRITER -