相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

丸付けからが本番、と思うぐらいで丁度いい

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

演習ノートを見ていて、不正解だった問題について質疑応答をします。

時には正解だった問題についてもやっています。

その際に、「この子はもうしばらく伸びるまでかかるな」と思ったり、「この子はこのペースでいいな」と思ったりします。

その違いは、丸付け以降の思考と行動に現れます。

 

間違った問題について「これはどうしてこういう答案を作ったの?」「どこがまずかったの?」「修正するにはどうしたら良いの?」ということを尋ねます。

それらについて「もうしばらく」の生徒は曖昧な答えを返したり、時には言葉に詰まります。

何故なら丸付けのときに解説をよく読んでいなかったり、よく考えていないからです。

私達が学習するときには間違いがつきものです。

青木学院では数学でも英語でも国語でも、間違えて良いということを前提として伝えています。

間違えた問題が出来るようになった瞬間に学力が伸びるからです。

しかしそれは間違いの後始末を適切につけるならば、ということです。

丸付けをして「はいマルでした」「はいバツでした」ということで終わっては無意味です。

そこを確認するためにも質疑応答をしているのです。

 

「大丈夫だな」と思う生徒はここできちんとした答えを返してくれます。

「自分が解いたときには○○だと思ったけど、実際は××だと考えるべきでした」という具合ですね。

こういう返答が引き出せるようになるまで、粘り強く今日も明日も生徒に尋ねていきます。

「それ、どこがまずかったの?」「どうしたらいいの?」

問題は解いた後、芝居は幕が下りた後です。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2018 All Rights Reserved.