相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学特訓講座

〇がつくことが目標ではない

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

演習で大事なのは〇がつくことではありません。

〇がつけばいいと誤解するから、〇付けを雑にしてしまいます。

〇がつけばいいと誤解するから、〇付けで不正をしてしまいます。

大事なのは学力がつくことのはずです。

学力がつくのは、出来なかったことが出来るようになった時です。

それがたとえ小さな差にすぎないとしても、去年の先月の先週の昨日のさっきの自分に勝つ時です。

そのためには自分が何が出来て何が出来ていないのか、すなわち改良の余地は無いかをはっきりさせる必要があります。

改良の余地探しが演習の持つ一つの目的であり、〇付けの持つ最大の効果です。

だから、〇付けは解くときよりも丁寧にするのです。

×がついたとしても、自分の改良の余地を見つけただけですから、何も悪くありません。

ドンドン改良する時間が始まるんです。

仮に〇がついたとしても、学力が上がる生徒は塾長に言います。

「こう考えて解いたんですが、合ってますか?」「この問題の別の考え方ってありませんか?」

〇がついた後でも、学力は上がるものなのです。

だから、〇がつくことなんか目標にしないでくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -