相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

2022夏期数学特訓(一般生)

3年後は大学受験があるのだから

 
この記事を書いている人 - WRITER -

昨日2022年2月15日の神奈川県立高校入試数学の解説記事を書いております。

たくさんの方にお読みいただきありがとうございます。

県立高校入試を終えた生徒達は、今日の水曜講義授業から新高1準備講座として数学Iの導入を始めました。

併せて大学入試のシステムについても指導します。

この時期の受験生諸君が大半思っていることは「もっと早くから高校受験について準備すればよかった」です。

その気持ちをまた3年後の大学受験で味わいたいのか?ということです。

同じ間違いを繰り返すわけにはいかないはずです。

ということで、ガンガン数学の解説を始めました。

既習の範囲と重ね合わせて、新しい範囲とのブリッジとなる部分を見てもらっています。

しかし、せっかく受験を終えて時間に余裕があるわけですから贅沢に時間を使ってもらっています。

生徒達が進学する高校の定期試験で、最大に難しくてこの辺りと想定できる問題に早速頭を使ってもらっています。

大学入試に挑むのですから、高校受験が終わったから学習をしないというぬるい生活にはならないはずです。

せっかくついた学習習慣を減らしても3年後は楽しくならないはずです。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

夏期特訓の参加者を募集しています。

この記事を書いている人 - WRITER -