相模原市中央区矢部 相模原高校・相模原弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

夏休みに数学の力を伸ばすには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

今年は大変変則的な日程の1学期でした。

しかしこの1学期の学習の重要性が下がってくれるわけではありません。

中学や高校のどの学年であれ、その学年の数学学習において重要な計算力を育成するのは1学期です。

各学年の中盤から終盤にかけての学習で、1学期の学習内容が必ず必要になってきます。

もし1学期の単元テスト/定期テストで数学が振るわなかったならば、夏休みの間にそれを解決すべきです。

といっても、その概念が特別に難しくて振るわなかったという生徒はどちらかと言えば多くないはずです。

1学期に数学が伸び悩んだ多くの生徒は、単純に演習量が不足しています。

であるならば、夏休みにはガンガン演習を回していきたいところですね。

学校で配布されるワークやレベルの高すぎない教材を中心に、徹底的に問題に触れましょう。

単に正解できればいいということを目指してはいけません。

手が止まらずに、問題を見ただけで方針が立って動けるようにというレベルを目指しましょう。

計算力は、速さと正確さの両方があって初めて武器になりえます。

遅くて正確な生徒はあまり多くありません。

イメージで言えば、掛け算九九を考えてください。

九九をゆっくり言っている時点で、ダメですよね。

特に高校生などで数学が苦手な生徒は、致命的に遅いのです。

遅いということは反復した結果が足りません。

反復せずに早くなる人はレアです。

訓練が足りてないのに、正解率が高いわけがないですよね。

夏休みにはぜひ、徹底的な計算力育伸を計ってください。

この記事を書いている人 - WRITER -