相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

脱・「時間が足りなかった」マインド

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

ある生徒のお話です。

真面目に通塾し、真面目に机に向かい、真面目に解く生徒です。

普通ならもうちょっと点が取れてもおかしくないのにね、と思われるタイプです。

塾長も「折を見て行動を改善すればもっと伸びるはず」と考えていました。

あるテストのあとに答案検討をその生徒と塾長がしているときに、

答案の空欄を指して「時間が足りなかった」という発言が出てきました。

ここがポイントです。

時間が足りなかったというのは要因を外部に求める考え方です。

しかし外部はなかなか変わってもらえません。

テスト時間が伸びることはないからです。

考え方としては「変えられるものを変えよう」です。

「時間が足りないと考えるより、自分の速度をあげようと考えないか?」

という考えについて生徒と相談しました。

他者に変わってもらうことを考えるのではなく、一番変えられる自分を変えることは

一番夢が叶う作戦の一つです。

ここから生徒は日常の行動を含めて「すばやく行動しよう」ということを心がけ、

40点アップして90点を超えてくれました。

本人も「問題を解く以外のときにもドンドン行動することで

勉強の時間もきちんと作り出せたのが良かったと思う」と嬉しそうでしたね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2018 All Rights Reserved.