相模原市中央区矢部 相模原高校・相模原弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

方程式攻略講座

相模原市近郊 2020年度 令和2年度 県立高校入試 志願倍率(1/29現在)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

相模原市近郊の2020年度県立高校入試での1/29現在の志願者数が発表されました。

最終日に申し込む人数は少ないので、おおむねこれで決まりとなります。

一部の学校は志願変更による倍率の変化もありますので、参考までにご覧下さい。

高校募集定員志願者数志願倍率(前年同日倍率)
相模原2783721.341.36
相模原弥栄 普通1832721.491.18
麻溝台3584721.321.04
上溝南3583530.991.13
橋本2833221.141.03
厚木3584521.261.42
大和2785021.811.45
海老名3984501.131.27
座間2784201.511.53
神奈川総合 個性化1593061.922.05

 

相模原市内のトップ高校である県立相模原は前年度並みと不動の構えです。

ここから日和って下げる人もほぼいないでしょう。

前年度で謎の低倍率を見せた相模原弥栄・麻溝台がともに大きく倍率を上げました。

特に定員の少ない弥栄はかなり熱い戦いになります。

少数ですが、ここから麻溝台に下げる生徒が出ます。

そして玉突きのように麻溝台から下げる生徒も出るでしょう。

その行先はと言えばもちろん上溝南です。

今年は久しぶりに2日目の時点で定員割れを起こしていますので、ここにめがけて降りてきます。

今日の時点でホッとしている上南受験生は要注意ですよ。

橋本はほどほどの志願者がつきましたね。

ここはこれから大荒れすることなく当日を迎えるでしょう。

 

近隣上位高校では、厚木が下げ、大和が増えたのが小田急トピックですね。

さすがに大和から厚木に上げるわけにもいきませんから、海老名はここから少し上がるでしょう。

いずれにせよ、大勢は決しました。

あとはその倍率に負けないように丁寧に学習するのみです。

「まだ解けないけどもう少しで解ける一問」を潰していけば、確実に合格に近づくのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2020 All Rights Reserved.