相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成数学特訓講座

「〜〜したくない」ではなく「〜〜したい」を目指す

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ある生徒と話をしていた時のことです。

「〜〜したくないから、学習する」という発言がありました。

不幸を避けようとする価値観の発言です。

それはそれで、悪いことではありません。

しかし、推進力として考えると不幸ベースの思考は弱いのも事実です。

それよりも、「〜〜したいから、学習する」という考えの方が推進力となります。

いちいち否定文を挟むよりシンプルです。

そもそも「〜〜したくない」というのは、代わりに何をしたいかが一瞬見えません。

進み続けるためには目的地がハッキリ見えた方が良いです。

その意味でも、子供の学力を育てるために親がするべき最大のことが一つ決まります。

「自分にとって何が大切なのか/何に興味があるのかを知るチャンスを子供に与えること」です。

世界の広さに触れさせて、さまざまな体験を積ませることです。

逆に最も良くないことの一つは「子供が将来その道で食えるわけでもない何かを、親のエゴでおしつけること」です。

学習の良いところは、他の何かに比べて将来食える可能性が広がるところです。

基本的な学習習慣を丁寧につけておけば、それを利用して多くのことを学んで身につけられるからです。

そういう人生を子供に与えることこそ、クリスマスに限らずよいプレゼントでしょう。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -