相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学特訓講座

新中2・新中3が3月にやるべきこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -

学力を伸ばして相模原高校・相模原弥栄高校・麻溝台高校などのケイン率上位高校への進学を目指す新中2・新中3がこの3月にやるべきことがあります。

生徒の学力によりますが、大半の生徒なら復習です。

例えば現在の英語の定期テストの学力が70点程度、あるいは平均点+20点ぐらいで留まっている生徒向けです。

やるべきことを最低限であげると「英語の教科書例文音読100回」「数学の教科書例題10周」などです。

英語で教科書本文全文というなら30回もやれたら上等です。

しかし例文に限るなら大した時間はかかりません。

今日新中3の生徒に初めて音読訳読をやってもらいましたが、初回で20分以内、2回目は16分程度でした。

英文だけに限れば7分もあれば一周できます。

100周しても700分、12時間でおつりが来ます。

3月の残り3.5週間で割れば1週間あたり200分、3.5時間です。

毎日30分音読の時間が取れないほど忙しい人はいないでしょう。

平日20分、土日各1時間でも余裕です。

新中3でこれですから、新中2ならその半分の時間です。

もし新中2が時間を同じだけかければ、200回音読できます。

確実に暗唱のレベルです。

これだけやれば、新中3・新中2でのスタートダッシュは成功が確約されます。

こんな簡単で地道な努力だけで、です。

何故なら、こんな簡単で地道な努力をしない怠け者がほとんどだからです。

そのまま怠惰に生きて新学年を迎え、受験を迎えるも良しです。

しかしその先に人生の花が咲くのでしょうか?

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -