相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学特訓講座

夏の学習をいつ先取るか

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

4月半ばですが、今考えているのは夏のことです。

今年の夏休みは例年に比べて短くなることが想定されます。

そうなると、夏休みに学習量を大幅に確保するのが難しくなります。

夏の学習量不足は、2学期以降の学習に影響を与えます。

それを防ぐためには今から考えて行動する必要があります。

1学期の開始がスムーズにされてもされなくても、5月6月にどれほど学習量を意識できるかがカギです。

とりわけ上位高校進学、大幅な学力向上を目指す生徒には必須です。

学校が始まっても高速で授業が進行することが分かっているのですから、その前に十分に準備をしておくべきです。

まして例年なら夏休みに中1・中2の復習をする中3であれば猶更です。

部活動の引退を待ってから本気を出すなどと悠長なことを言っていてはいけません。

無論それで合格する十分な自信があるならば話は別です。

でも、これまで私たちが当たり前に過ごすことが出来た夏休みは、今年は来ないと想定しておきましょう。

それはもう遠い過去のものかもしれません。

夏が過ぎ何アザミ?

夏の終わりってどんな歌詞?

この記事を書いている人 - WRITER -