相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

冬期特訓2021

小学生の算数から、中学高校の数学苦手は始まる

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は高校生の数学質問が多めの日でした。

高校生の数学だからといって、中学生までの数学と根本が違うわけではありません。

問題文で設定された内容を式に反映して考えていくことが重要です。

もしそのモデルに不安があれば、具体的な数で確認していきましょう。

どこまでいっても具体と抽象をいかに往復するかが肝です。

その往復の練習として、演習はあります。

ただ直前に見た式や答案に似せて数字だけ変えるような行動は演習ではありません。

自分が書いている式が何を示しているのかを意識して解きましょう。

これはもちろん高校数学に限った話ではありません。

小学生の算数であっても同じことが言えます。

小学校の高学年ぐらいになるともう、目についた数字を適当に組み合わせて計算したものを答えとする生徒が出ています。

このような行動が、中学生や高校生での数学が苦手な生徒を生みます。

小学校の高学年で80点台を取っているようでは、もう赤信号だと考えましょう。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -