相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

数学週末弱点強化講座

6/8、6/9は10時から教室を開けます 比べて考えることの大切さ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

今週末6/8(土)、6/9(日)は10時から教室を開けます。

日曜日は19時まで教室にいる予定ですが、土曜日は少し早めに教室を閉める予定です。

定期テスト向けに質問等がある生徒は教室でお待ちしてます。

 

今日は理科のエネルギー分野を学習している生徒が、「火力発電と水力発電は、水力発電のほうがいいと思うのに、なぜ火力発電のほうが主力なのか」という質問をしてきました。

なぜ水力発電のほうがいいと思うのかを生徒に説明してもらい、その上で火力発電が選ばれる理由について説明を返しました。

単純にワークに出ている問題を解くだけでは学力は上がりにくいです。

得た知識について比較検討をし、自分なりの考えを持つことはとても大事です。

それはどこかの誰かが用意したクエスチョンへのアンサーではないからです。

そのアンサーに対して自分なりのクエスチョンを返し、それを誰かと共有してみることはまさに学ぶ瞬間の意義です。

そして自分の考えの長所短所を誰か(例えば塾長)に検討してもらうことで、自分の考えだけではない他者の考えに至ることができます。

最初から教わるだけではなく、自分の意見も対等にぶつけて比較できるということは大変素晴らしいです。

良い質問をもらえる瞬間には、本当にこの仕事の幸せを感じます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.