相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

数学週末弱点強化講座

記述は数式のみへ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

毎日新聞
数学の文章記述問題、導入見送り 大学共通テスト - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20190712/k00/00m/040/321000c
 2020年度開始の大学入学共通テストを巡り、大学入試センターが数学で検討していた文章記述の問題導入を初年度は見送る方針を決めたことが12日、分かった。昨年11月の試行調査で、正答率が低迷し、本番では数式のみを記述させる。(共同)

大学入試についての情報は日々移り変わります。

2020年度開始の大学入学共通テストで想定されていた数学の記述式答案は、数式のみ記述と大幅に後退しました。

受験生側の平均点の低さがその理由とされていますが、実のところは採点側の負担の大きさと公平性の担保が難しくなったことが原因ではないかと考えられます。

数式のみ記述であるならば大幅に採点側の負担は減ります。

しかしそれならば、センター試験のマークシート方式で十分だとも言えます。

負担などを実際に十分に考えることなく変更ありきで進める結果、現場ならだれでも分かる問題点を強引に無視している状態です。

しかしいずれの方式で試験が行われるにせよ、問題を解くために必要な基礎力を積み重ねておくべきであることに変わりはありません。

小手先ではない骨太の学力を、じっくり育てていきたいです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.