相模原市中央区矢部 個別対応で数学を得意にする青木学院 高校受験・大学受験対応

短期完成・数学講座

失点は基本的な動作の不足から

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日は中2の生徒が、ラ・サールや青雲の問題に苦戦していました。

宮崎県出身の塾長にとっては懐かしい、九州地方の名門私立高校です。

と言っても、別に格別難度の高い答案作成技術が求められる問題ではありませんでした。

苦戦していた理由は、基本的な動作の未熟さです。

例えば一次関数の問題を解くときに、簡単なグラフを描いてないこと。

例えば変化の割合の問題を解くときに、変化の様子について値や数式を書いていないこと。

そういう基本的な動作をきちんと行えば、解くためのヒントが目に見えてきます。

しかし脳内だけで処理しようとすれば、それはヒントが目に見えないので解く速度も落ちて正解率も下がります。

こういう時にまずいのは、正解できないことそのものではありません。

基本的な動作が疎かになっている生徒は、解説を読んだとき納得して終わってしまいがちです。

数学に限らず全ての教科で大事なのは、理解しながら解きなおすこと、解きなおしながら理解することです。

解いて〇がついたり、正解を赤字で書き添えた瞬間には学力が上がりません。

自分の可能性を信じつつ、自分の学力を丁寧に疑って確認していく時間が必要です。

基本動作をおろそかにしないで、丁寧に解いて解きなおしも丁寧に。

こんな当たり前のことさえロクにやらないから、学力が低いだけです。

能力がついてから怠けてくださいね。

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

この記事を書いている人 - WRITER -