相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

図を書いて立式するクセをつけよう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

昨日は新中1のためにまず確認しておくべき算数について少し記事を書きました。

中学に入って急に数学が(算数と比べて)苦手になったと感じる生徒は多いですが、その原因は算数にあると考えてのものです。

では、その算数で差がつき始めるのは何処でしょうか。

根本的に文章を読んで考えるクセがついているかいないかは小1でも差がついています。

しかし、こと計算力ということで決定的に差がつくのは割り算の領域が大きいでしょう。

特に余りの出る割り算で、理解が十分かどうかが見えやすいです。

比較的感覚的に処理しやすい足し算引き算や、九九とその組み合わせが見えやすいかけ算と比べて、割り算はそこまでの計算を組み合わせねば解けないものが出ます。

そうなると、式の立てにくさが違います。

また、割り算を学んで以降の文章題では「分ける」など一見割り算を使いそうな表現で書かれたものからかけ算と足し算の複合で立式するものもあります。

こうなると「この文字が見えたらこの計算」という単純なルールとイメージで乗り切ってきた生徒が脱落し始めます。

この辺りでピンチにならないように、実際の様子を図で書いたり、線分図を書いたりして考えるクセを付け始めたいところです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.