相模原市中央区矢部 相模原高校・弥栄高校・麻溝台高校 数学特訓

令和2年度 2020年度 相模原高校 選考基準

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

相模原市中央区矢部で数学を得意になってもらうための塾・青木学院です。

 

令和2年(2020年)度の県立相模原高校の選考基準が発表されました。

第一次選考では評定:学力検査:面接:特色検査が4:4:2:1の割合で1100点を満点として実施されます。

第二次選考では学力検査:面接:特色検査が8:2:1の割合で1100点を満点として実施されます。

現中3からはいよいよ相模原高校も特色検査実施高校となります。

相模原市民としてはぜひともこれをきっかけに意欲と能力に溢れた生徒が相模原高校を志望してもらいたいところです。

が、この割合については若干の及び腰を感じます。

神奈川県の県立トップ校である横浜翠嵐高校や湘南高校、あるいは昨年度も特色検査実施高校であった厚木高校、柏陽高校、さらには新参加組でも多摩高校は特色検査の割合を2とした1200点満点をベースとしています。

さらにこれらの高校は学力検査の割合も5または6としています。

その分評定の割合を減らしていることも併せて、学力重視の選考を実施していると言えます。

相模原高校も政令指定都市を代表する進学校たらんという自負もお有りでしょうから、ぜひもっともっと学力重視の選考で生徒を歓迎してもらいたいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

Copyright© 県相数学 青木学院 , 2019 All Rights Reserved.